読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私と歌とオーストラリア

オーストラリアでの4か月を全力紹介!良いところだけでなく、悪いところもちゃんと書きます。笑

はぁ・・・・・・・・・・

こんばんは。ともです。

 

今日はリーディングのテストがありました。

やっぱりリーディングは得意ですね、

15分くらい余りました。

(とか言って点数悪かったりして)

 

昨日のライティングに比べたら100倍

出来栄えは良かったです。

 

何とかライティングをカバーしてほしい。

*******************

 

実は私、昨日から始めたことがあります。

それは、毎日その日の出来事をスピーチして

録音すること。

 

そして、毎日英語でエッセイを書くこと。

 

これは、当たり前ですがライティング力と

スピーキング力を上げるためです。

 

自分のライティングとスピーキングのひどさを

改めて実感したので、

しんどいのは承知ですが残りの1ヵ月半は続けて

やろうと思いました。

 

というかそもそも、留学した当初から始めれば

良かったのですが、過去のことを嘆いても

仕方がありません。

 

今が一番若い時なので

過去を振り返らず前向きにいきたいと思います。

*******************

 

話は変わりますが

私は学校のプログラムで留学しているので

日本人の友達はたくさんいますが

どうも最近話すことができません。

 

もともと集団が苦手なので

授業が終わった後に集まって喋ったり

するのもあまり好きじゃないし、

正直、早く帰りたいと思ってしまいます。

 

だから最近は、授業が終わればサッと

自習室に行って勉強するようにしているのですが

こんな風に思っているのは私だけなんでしょうか?

 

あまりにも集団に溶け込めないので

不安になるときがときどきあります。

 

このままでいいんだろうか?

とか

人に合わせられない性格ってどうなんだろう…

とか。

 

一人でいることがけっこう好きだし

一人の方が作業が捗るし

将来も独立したいと思っています。

でも、やっぱり不安もあります。

 

何とか合わせようと頑張ったことも

あるけれど、しんどくて仕方なくなってしまうし

かといってこのまま人に合わせなかったら

それこそ協調性が無いやつと思われるんじゃないかと。

 

どこに行っても集団というのは必ずあるし

すんなりと溶け込める人が本当に

うらやましいです。

 

は~。何でこんな性格なんだろう。

 

みんなでワイワイするより

一対一で深い話をする方が好きです。

 

 

やっぱりおかしいんでしょうか?(´;ω;`)ウゥ

ライティングのテスト!死んだ~(´;ω;`)ウゥゥ

こんにちは。ともです。

 

今日は、ライティングのテストがありました。

中間テストです。

 

おそらく、点数は期待できないでしょう。

どうしようもないくらいクソみたいなことしか

書けませんでした。(´;ω;`)ウゥゥ

 

試験時間は75分。

今から考えれば時間は十分にあったはずなのですが

一部書き終わらずに終了。

 

75分で300語のエッセイ終わらないなんて…

IELTSはどうなるんだ…

 

ちなみにIELTSは60分で

2つのエッセイを完成させなければなりません。

 

1つはグラフや表をみて自分の言葉で

150語程度で説明するエッセイ。

 

もう1つは、250~300語で

与えられたトピックに関して自分の意見を

述べるエッセイ。

 

いや、無理無理無理無理!!!!!

 

 

もちろん、トピックが書きやすいかどうかも

重要になってくるのですが

やっぱり圧倒的に練習不足ですね。

イデアが全く浮かんでこず、ここで時間を取られました。

 

また期末テストもあるので

今回のクズテストのことは忘れて

しっかり準備していきたいと思います。

*******************

 

明日はリーディングのテスト。

そしてあさってはリスニングのテスト。

 

それが終わればLiterature Reviewという

レポートの提出と20分間のプレゼンが待ち受けています。

 

もう辛い……(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

昨日も言いましたが、辛いを通り越して

楽しくなってきました。

 

本当につらいときって笑っちゃうって言いますが

本当なんですね。笑

 

でもまだ限界には達していないので

とりあえず”ここが限界かな”と思える日が

来るまでは頑張りたいと思います。

 

では今日はこのへんで!

短いですがBYE☆

 

 

スタディーハイ

こんにちは。ともです。

 

今日は、学校を休んでしまいました。

はぁ~

 

日本の大学だったら

今日一限飛ぼ~なんてことも気楽に

できるのに

 

オーストラリアではそうはいきません。

 

一度でも休もうものなら

一気に置いていかれます。

 

ただ今日は朝から腹痛と下痢に

襲われていたので休むことに決めたのですが

 

お昼頃からはすっかり体調がよくなって

逆にぴんぴんしています。笑

 

ふつーお腹も空いて

SOUL ORIGINというサラダとサンドイッチのお店に

行っちゃいました。

(罪悪感はありましたが)

f:id:tomotomoblog:20170523153608j:plain

 

こんな感じです。

 

注文するときは

まずサイズを選んで

あとからサラダなどを選んでいくシステム。

 

私はレギュラーサイズをチョイスしたので

3種類のサラダを選べました!

 

卵とチキンのサラダ

バジルパスタとオリーブ

トマトとモッツァレラチーズのサラダ

 

の3つ!!

 

ちょっと名前を忘れたので

テキトーに名前をつけましたが

こんな感じです。笑

 

どれも美味しかったのですが

私のお気に入りはやっぱりパスタ。

このお店に来ると必ず頼んでしまいます。

 

バジルパスタが大好きなんです。笑

*******************

 

これはさておき…

 

プレゼンの準備をしているはずなのに

全く進みません。

 

朝から夕方まで時間をかけたはずなのに

1スライドも完成していないという

効率の悪さ。笑

 

何でもかんでも日本の大学と比較するのは

どうかと思いますが、

日本の大学ではあまりプレゼンに時間を

かけていませんでした。

 

パッとテーマを決めて

サクッとスマホで調べて

一番上に出てきたサイトを参考に

写真とかもテキトーに引用して

プレゼン。

 

しかも原稿ガン見。

 

こんなクソプレゼンしかしてこなかったので

今、本当に苦労しています。

 

当たり前ですが参考文献リストを作って

ちゃんとしたフォームで書かなければいけないし

一番ヤバいのはプレゼン時間が20分であること。

しかも暗記。

 

暗記というか、要点だけまとめてあとは

アドリブで・・・と言っていたのですが

私はすぐに文章を作ることができないので

おそらく20分間分のスクリプトを暗記する羽目に

なると思います。

 

参照する資料も、学術論文が中心だし

とにかく下調べにすごく時間を取られます。

 

ただ、なぜかわからないけれど

今のこの追い詰められた状況が個人的には

好きです。笑

 

完全にドM発言ですが

勉強するってこんなに楽しいんだ!

みたいな

ランニングハイならぬスタディーハイに

なっています。

 

今まであまりに勉強してこなかったので

脳が今の状況に対応できず

おかしくなっているのでしょう。笑

 

平日は朝1時間勉強して

昼はランチを抜いて1時間勉強して

学校が終わったら3~4時間は勉強するので

1日5~6時間は勉強している計算になります。

 

いや~、勉強って楽しいな~。笑

 

 

京大に通う妹がなぜ勉強が好きなのか

今分かった気がします。笑

 

ということで今日も勉強しまくります!

 

BYE☆

良い人に出会えた!(彼氏ではない)

こんにちは。ともです。

 

今日は、久々にテンションが上がっています。

とても良い人に出会えました。

 

では経緯を…

*******************

 

conversation exchangeというサイトの中で

ずっとやりとりしていた人から

今日会ってみない?

と急に言われ、

 

行きたくないな…と内心思いつつも

英語を話す機会は逃さないと

自分の中で決めていたので

意を決して会うことにしたのですが

 

この男性がすごく面白くて

フレンドリーで

会ってよかったと本当に思える人でした。

 

話の内容がそんなに面白いものじゃなくても

面白おかしく話したり、

私が聞き取れなくて”ん?”という顔を

していたら、丁寧に説明してくれたり…

 

とにかく”THE ジェントルマン”という感じの

人でした。

 

いや~、行くのを躊躇わなくて良かった。

*******************

 

最近は、インターネットで言語交換ができて

その延長で実際に会うことが多くなってきている

かと思います。

 

一種の出会い系みたいな。笑

 

私もこういうのを利用して

色んな人に会ったりしています。

 

普通に生活していたら会えないような人とも

会えるし、悪いことを考えている人って

そんなにいないです。

 

ただ、ゼロではありません。

 

一週間ほど前の話ですが

またこちらも言語交換のサイトでやり取りを

していて、実際に会ってみようとなったのですが

当日、私がドタキャンしてしまったんです。

 

というか、直感で

会っちゃいけない気がしたんです。

 

そして約束の時間になって

”ごめんなさい、急な腹痛で帰ります。”

とだけメッセージを送りました。

 

どう考えても私が悪いのですが

このメッセージを送った後に

”Fuck you!!!"(くそ!)

とキレられたのです。

 

もし私が逆の立場だったとしたら

”ドタキャンか、まじか~”

とはなりますが、せめてうわべでは

”腹痛大丈夫?”

 

などと気を遣う言葉を入れるかと思います。

 

間違っても”くそ!”とは言いません。

 

 

これも文化の違いなのかもしれませんが

メッセージを見て

会わなくて良かったと思いました。

*******************

 

こんな風に、上手くインターネットを利用すれば

良い人にも出会えるし

ちゃんと見極めれば、危ない人も

避けることができます。

 

要は自分次第です。

怖いと思うなら使わなければいい。

 

っていう感じですね!笑

 

 

では、今日は以上!

とりあえず、今日できた友達を大事にします。

 

See you again soon☆

 

 

 

Uberを利用してみた!

こんにちは。ともです。

 

今日、初めてUberというサービスを利用しました。

 

乗った感想はというと…

 

 

めっちゃいい!!!

 

というかそもそもUberって何?という人のために

ちょっとだけ説明を。

 

一言でいうと、配車サービスです。

タクシーみたいな感じ。

 

ただ、タクシーと違ってUberに登録している

一般人が目的地まで送るので

知り合いに送ってもらっている感覚です。

 

料金もタクシーの半額くらいで

アプリさえ入れればどこでも使えるという

優れもの。

 

”何か危なそう…”

と思うかもしれませんが、何かあったら

そのドライバーをすぐに特定できるので

Uberに関する事件はかなり少ないです。

 

もちろんゼロではないですが

それはタクシーも一緒ですよね。

 

 

家から駅までは歩いて30分。

一応バスもあるけれど、1時間に一本しかないという

不便さ。

 

もちろん歩けばいい話なのですが

今日は歩きたくない気分だったので

ちゃっかり利用してしまいました!笑

 

本当にタクシーみたいな感じです。

そんでもって安い!

 

特にオーストラリアはタクシーが

びっくりするくらい高いので

Uber必須です。

 

そしてもう一つのメリットは

アプリで料金が確認できるので

”いくらかかるんだろう…”

という心配がないこと。

 

”車を依頼する”

というボタンをぽちっと押せば

周辺にいるドライバーがすぐに来てくれるので

場所にもよると思いますが

待ち時間はかなり短縮できます。

 

TIME IS MONEY

を心から信じている私にとって

このサービスは最強です。笑

 

Uberがもっともっと普及したら

タクシー会社は潰れてしまうんじゃないかと

思うくらい優秀です。

 

*******************

さて、この土日ですが…

 

受験生並みの勉強をしています。

まぁ、受験生ほどではないかもしれませんが

少なくとも日本で大学生していたころ

よりは遥かに勉強しています。

 

日本の大学生って、勉強よりも

バイトに一生懸命になっているイメージだし

実際私もそうでした。

 

大学の先生が、”今はバイトなんかするより

英単語を一個でも多く覚えなさい”

と言っていたときも

”いやいや、お金欲しいし、バイトは必須でしょ。”

とさえ思っていましたが

 

留学してみて

勉強することがいかに大事かを実感しました。

(それでもバイトはしている笑)

 

結局、勉強したら勉強した分だけ

身につくし、将来的に稼げるお金は

圧倒的に多いわけです。

 

それはアルバイトで稼げる金額の

比ではありません。

*******************

 

想像してみてください。

 

アルバイトで稼げる金額は、どれだけ多い人

でもおそらく100万は超えないでしょう。

 

でも100万稼ごうと思ったら

かなりの時間を費やさないといけないはずです。

土日8時間が当たり前の人もいると思います。

 

その分を勉強に費やして

例えば、TOEICTOEFLで高得点を

取ることができれば

仕事の選択肢がかなり広がります。

 

昇給することも難しくはないでしょう。

年100万なんて、あっという間に超えます。

 

将来への投資という意味で

今こそ勉強しなければいけないと思いました。

 

というか、先生の言うことを

もっと早くに理解しておけば良かったな

と本当に後悔しています。

*******************

 

というわけで、今が一番正念場ですが

これもすべて自分の将来のためにと思って

勉強しまくります!!!(´;ω;`)ウッ…

 

では今日はこのへんで。

See you again soon☆

圧倒的なプレゼン力

こんにちは。ともです。

 

今日は、クラス対抗でディベートをしました。

といっても、私は見ているだけの人です。笑

 

2つトピックがあって、それぞれ3人ずつ

スピーカーを選んで、スピーカー以外は観客に

なる、という感じです。

 

ディベートを見た感想はというと…

 

それはそれは素晴らしかったです。

どこでそんな喋る練習をしたのか、と目を張るくらい

素晴らしいスピーチをしていた生徒がいました。

 

準備期間はおよそ1時間。

 

もちろん、グループ内でのディスカッションも含めて

3分ほどのスピーチを考え、発表するまでの

準備期間です。

 

せめていったん家に持ち帰って

練習させてほしい派の私には

信じられないことでした。

 

ほぼ即興で3分間与えられたトピックについて

スピーチする…、しかも30人くらいの

人の前で…

 

レベルの差に唖然とし、

同時に恥ずかしくなりました。

 

中には、あまり意見をはっきり言えていない人も

いましたが、それでも話そうとする

勇気がすごいな、と思いました。

 

そして、その素晴らしいスピーチをしていた

生徒は中国人の女性。

他クラスなのでそれ以上の情報が分かりませんが

とにかく素晴らしかったです。

 

手元のメモを一切見ず

ジェスチャーとアイコンタクトを効果的に

使い、声にも抑揚があり、さらに

発音もパーフェクト。

 

今まで見てきたプレゼンの中で

おそらく一番衝撃を受けました。

 

TEDを見ているかのようでした。

 

彼女のパブリックスピーキング力は

きっと長期間の練習の末培われたものでしょう。

 

 

いや~それにしてもすごかった…

 

なぜビデオを撮り忘れたのか、

自分を恨みます。

 

彼女を見習わないと。

 

 

では、今日はこの辺で。

BYE☆

 

最高に嬉しい!

こんにちは。ともです。

 

今日は久々にいいことがあったので

ちょっとここに書き留めておきたいと思いました。

 

結論から言うと、私の記事が

企業に採用されたんです!

 

って言ってもなんのこっちゃとなるかと

思いますので、少し説明を。

 

まず、PVモンスターという

企業とクリエイターをつなげるサービスがあります。

クラウドワークスみたいな感じです。

 

クリエイターといっても

プロのクリエイターとかではなく

学生や主婦もいます。

 

クリエイターが記事を書いて

企業のサイトのアクセス数アップにつなげ

その報酬としてクリエイター側に

お金が発生するという仕組みです。

*******************

 

私の夢は、コンテンツで食べていくことです。

 

その夢を叶えるべく、私は今まで

クラウドワークスで記事を書いていました。

 

ライターとして、色んなジャンルの記事を書き

それなりに楽しんでいました。

 

ただ、クラウドワークスのデメリットは

”1記事〇〇円”

という一回きりの支払いなので

記事を書き続けなければいけないのです。

 

しかも、1記事の値段もかなり安いです。

 

私はプロのライターではないので

一概には言えませんが、”書くこと”って

そんなに簡単なことではないんです。

 

ましてや、顧客に向けて書く記事は。

 

読者がどんな情報を求めているのか

事前にリサーチが必要だし

構成も考えなければなりません。

 

そういった点で、全く割に合わなかったのです。

 

バイトをしている方がマシだ、と

思ったくらいです。

 

それでも記事を納品し続けましたが

ある日、記事の納品が遅れてしまったときに

クラウドワークスの評価の欄に

本当にひどいことを書かれたんです。

 

もちろん、納品が遅れてしまった以上

100%私が悪いですが、

 

時間にお金が見合わないことにも

不満があったので

これを機にクラウドワークスを辞めました。

 

辞めたと言っても、ただログアウトする

だけだし、始めようと思えば

今からまた新しいアカウントを作れば

いいだけなんですが…笑

*******************

 

さて、これからどうしようか…

コンテンツで食べていくのはやっぱり

私には無理なんだな。

 

と諦めかけていたのですが

 

とあるブログに

PVモンスターのことが書かれていて

一瞬で食いつきました。

 

1記事〇〇円。ではなく

PV数によって報酬が決まるシステム。

 

記事が掲載されている間は報酬が出続けるので

記事を書いてしまえば、あとは

不労所得なわけです。

 

こんないいシステムない!!!

と思って、すぐに飛びつきましたが

やっぱり、この世に簡単に稼ぐ方法なんて

ありませんね。

 

最初に審査がありました。

 

選ばれし者だけが記事を書ける

というものでした。

 

そしてその判定基準は

コンテンツ。

以前書いた記事またはブログを提出して

審査に通ればPVモンスターのクリエイターとして

記事を作成できるというシステムです。

 

これは面白いな、と思いました。

 

 

幸い、私は以前にもブログを2つ運営していたので

そちらを提出してあっけなく審査をパス。

(おそらく誰でも通りそう。笑)

 

さっそく仕事に取りかかり、

1PVで40円という高額の記事をチョイス。

 

しかし、またここでも関門が!

 

クラウドワークスでは、依頼者と作成者が

直につながるので、記事を書いたらすぐに納品。

という形態なのですが

 

PVモンスターでは、PVモンスターのスタッフ

が仲介に入るので、まずは決められたフォーマットに

従ってどんな記事にするのか、アウトラインなどを

提出しなければなりません。

 

その企画が通れば、やっと記事に取りかかることができます。

でも企画が通らないこともよくあります。

 

私は3つ企画を提出し1つだけしか通りませんでした。

 

リサーチも含め、2週間かけて記事を作成し

やっと終わった~!とリラックス…

 

なんてできません!

 

まずはPVモンスター側に記事を提出し、引用の仕方が

間違っていないか、内容が合っているかなどが

チェックされ、必要であれば修正依頼が入ります。

(私は3回修正しました。笑)

 

 

修正が終われば、やっと企業側に記事が届きます。

 

しかし、ここでまた関門が!

(何個あるんだ)

 

記事を掲載するかしないかは、企業側が

判定するので、もしここで”不採用”となれば

今までの努力が水の泡になってしまうのです。

 

企業側に記事が届いたとのメールが届き

待つこと2日・・・・・

 

 

 

採用

 

でした。

 

 

本当に嬉しかったです。

受験に合格したときのような嬉しさがありました。

 

仮に不採用だったとしても

PVモンスターのスタッフさんの対応の親切さや

記事に求めるクオリティーを考慮すると

 

学ぶことがたくさんあったので

また次も頑張ろうという気持ちになっていたと

思います。

 

いや~、でも、本当に嬉しい。

 

時間をかけて書いた甲斐がありました。

 

 

夢にちょっとだけ近づけた気分です。