私と歌とオーストラリア

オーストラリアでの4か月を全力紹介!良いところだけでなく、悪いところもちゃんと書きます。笑

勉強を面白くするには?

こんにちは。ともです。

 

今日は朝から面白い動画を見たので

そちらの話をしたいと思います。

 

その動画は”サークルゼット”というもの。

Youtubeで検索したら見れるので

ぜひ見てみてください!

 

この動画の趣旨は、デート中に

沈黙になってしまったときに

その沈黙を埋めるために使える雑学。です。

 

このコンセプトの時点で面白いのですが

内容も最高でした。私が見たのは、

ギリシャ神話の怪物たち”にまつわる雑学。

 

世界史が大嫌いな私にとっては

くそみたいな動画なのですが

実際見てみるとめちゃくちゃ面白い。

 

話し方や話の構成がすごく工夫されていて

ちょいちょいユーモアも入れていて

ギリシャ神話に対するイメージがガラッと

変わりました。

 

一回見ただけだけど

まだ内容をはっきりと覚えています。

 

そこで思いました!

私が世界史を嫌いだったのは私のせいではなく、

世界史の先生のせいだったのだと!笑

 

でも本当にそう思います。

面白くない授業で集中できる人なんて

そうそういない。

 

勉強ができる人、もしくは好きな人は

”新しいことを知るのが面白い”とか

”勉強自体が好き!”

という人が多いのです。

 

だからこのブログを読んでいる

そこの勉強嫌いの諸君たち。

勉強が嫌いなのは君たちのせいではない。

先生が悪いんだ!!!

 

ということにしておきましょう。

 

でもね、やっぱり勉強って大事です。

それは後になればなるほど痛感します。

先生がつまらないなら自分で面白くすればいい。

今の時代、インターネット上に面白い

コンテンツなんて山ほどあるんです。

 

確か誰かがこんなことを言っていました。

 

それこそ100年前は、私たちが

一日で得られる情報量と同じ情報量を

得ようと思ったら生涯かかったのだと。

(およそ80年)

 

そのくらい今は情報に溢れています。

知りたいことはすぐに知れるし

悩みがあればヤフー知恵袋にでも

相談すればいいのです。

↑一瞬で回答が来ます。笑

 

つまらないから

やっても意味がないから

だるいから

 

色んな言い訳があるでしょう。

でも、勉強って避けて通れない道です。

何かしら”勉強しとけば…”って

後悔することがあります。

 

どうせ避けられないなら

面白く学びましょう。

おもんないな~って思いながら

勉強するのではなく、これならいける!

という面白いコンテンツを見つけましょう。

 

ちょっと乱雑な文章になってしまいましたが

今日はこのへんで。

ちなみに”ギリシャ神話の怪物たち”は本当に

面白いので、見た方がいいです。

 

ではでは。

 

 

 

メルボルン・・・最高すぎました・・・

こんにちは。ともです。

 

メルボルン旅行が終わり

今日は疲れ果てて3時まで寝ていました。笑

寝すぎて逆に疲れました。

一日を無駄にしてしまった気分です。

 

一言でいうと、

メルボルンは本当に最高でした。

住みたいレベルです。

 

カフェの街で音楽の街でアートの街で…

休日の過ごし方に飽きなさそうですね…

*******************

 

1日目。

朝7時にメルボルンに着きましたが

トラブル発生。

 

なんと、7月18日まで契約しているはずの

学生寮が、7月1日までになっているから

10時までにチェックアウトしてね!

というくそメールが来ました。

 

私はちゃんと18日までという風にサインしたし

これは私のせいではない!

と反論したところ、

”いや、でもこのこれは変えられないんだよ…

次の人も来るし…”と言われ

観光どころではありませんでした。

 

もし7月1日にチェックアウトしなければ

いけないんだったら

来たばかりですがまたすぐシドニー

帰らないといけないし

シドニーで残り18日分の宿を探さないといけないし

とにかく焦っていたわけです。

 

そして

”お願いだからちゃんと確認してほしい”

と念に念を押したところ

なんとか次来る人の部屋を変えられたみたいで

18日までいられることになりました。

 

いや、でも!私悪くないのに!

と文句を言いそうになりましたが

仕方ない。トラブルというものはつきものです。

 

そして2つ目のトラブル。

メルボルンでの宿をAirbnbというサービスで

予約していたのですが

伝えていた時間に行って

”着きました”とメッセージを送っても

返ってこない。

 

30分ほど待ってもメッセージが来なかったのと

夜に予定があったので

こちらはキャンセルして

違うホテルを予約しました。

 

幸運なことに、メルボルンで出会った友達が

ホテルを探すのを手伝ってくれて

本当に助かりました。

 

こんな感じで一日目はトラブル続き。

大変な一日でしたが

いい経験にもなりました。

 

Airbnbも魅力的なサービスだと思うし

今回に関しては私がただ単に運が悪かっただけです。

なので、これを読んでAirbnbやめとこ!なんて

思わないでくださいね!

私もまた機会があれば利用しようと思っているので。

 

ただ、寮に関しては言動が矛盾しすぎていて

さすがに怒りを覚えました。

 

過去にも、”あと2回で家賃の支払いが終わるよ。”

と言われていたのに、2回支払いが終わって

”もう終わりですか?”と確認したところ

”いや、あと500$残っている”と言われるし。

しかも、どう計算しても3か月分の家賃と合わない。

 

私だけでなく、勝手に契約期間短縮されている

人も見ました。”私はどうしたらいいの…

私のせいじゃないのに…。”と涙ながらに

訴えている彼女に対して、”上の人に言ってくれ。”

との一点張り。

 

どんな管理をしているのか、

と疑問でしかありません。

*******************

 

2日目。

ここでできた友達が

メルボルンを案内してくれました。

 

私の希望もあり

アート美術館に行ったり

野生のペンギンが見れるビーチに行ったり。

 

ペンギンなんて水族館でしか見たことが

なかったので、すごく新鮮でした。

思ったよりちっちゃくて、可愛かった…

はぁ…もう…癒しでした。

 

夜ごはんはフィッシュアンドチップス。

かなり人気のお店だったみたいで

街のはずれにあるにも関わらず

めちゃくちゃ混んでいました。

 

私はサメのフィッシュアンドチップスにしましたが

塩っ気と魚のふわふわ感が相性ぴったりで

本当に美味しかったです。

f:id:tomotomoblog:20170704163351j:plain

 

ただ、サイズがやっぱりオーストラリア。

でかすぎます。

こんなの食べたら太る!と思いつつ

フツーに平らげました。笑

*******************

 

3日目。

友達が案内してくれるのは1日だけだと

思っていたけど、3日目も案内してくれました!

いや~運がいい。

 

ランチにBeastというハンバーガーショップで

ハンバーガーを食べましたが

これまた旨い!

f:id:tomotomoblog:20170704163432j:plain

THE・ハンバーガーって感じ。

(どんな感じやねん)

いや、もはやハンバーガーというより

ステーキをパンに挟みました!

というくらい肉厚でした。

 

私たちはこれを半分して

かなりお腹いっぱいでしたが、

何と隣の席にはフードファイターが!

このBeastというハンバーガーを

48秒以内で食べることができたら

200$がもらえるんだそうです。

 

”いや無理でしょ”

と思いながら興味津々で彼らをガン見。

さすがに48秒は無理でしたが

それでも1分30くらいで平らげていました。

 

恐るべし…

もはや人間ではないですね。

 

そして面白かったのが

タイムを計る前にやたらと待ってるな~

と思ったのですが、それもそのはず

ハンバーガーが冷えるのを待っていたんだそうです。

熱いと早食いできないから…笑

 

彼らは全く食を楽しむ気はなさそうですが

大食い=スポーツなんでね。

仕方ない。笑

 

そのあとは野生のカンガルーを見ましたよ!

f:id:tomotomoblog:20170704163540j:plain

本当はもう少し近づきたかったのですが

私が近づくとすぐ逃げてしまうので

これが限界…

 

それにしてもこの数…

日本ではこんな光景ないので

すごく貴重な体験をしました。

*******************

 

4日目。

今日は彼は仕事だったので

私一人で散策。

 

というか本来は4日間一人旅の

つもりだったのですが

現地の人に案内してもらうと

色んな発見がありました。

 

おススメのイタリアンレストランとか

ジェラートショップなど

自分でだったら絶対いけなかったところまで

連れて行ってもらえたので

とてもいい経験になりました。

 

そして4日目の朝は

まずカフェへ。

トラムを間違えて着いたのは1時間後でしたが

まだ混む時間帯ではなくラッキーでした。

f:id:tomotomoblog:20170704164031j:plain

この店内の可愛さ。

インテリアもとても工夫されていて

何かほっこりします。

 

そして店員さんもすごく可愛かったです。

ずっとニコニコしていて

ずっとこのカフェに居座りたくなりました。

店内もオシャレですが

コーヒーや食べ物も抜群に美味しかったです。

f:id:tomotomoblog:20170704164257j:plain

f:id:tomotomoblog:20170704164401j:plain

こんなカフェがいっぱいあるんですよ!

そりゃ住みたくなるわ…

 

モーニングを食べた後は

Scienceworksというメルボルンの科学館へ。

プラネタリウム見たさに行きましたが

子どもの多さに圧倒され、そして

疎外感すら感じました。笑

 

本当に、子ども連れしかいなかったです。

1人で来た私に”子どもはいる?”

とスタッフが聞いてくるくらい。笑

 

まぁそれはさておき

プラネタリウムは素晴らしかったです。

本物の夜空を見ているみたいでした。

 

終わった後の現実感はハンパなかったですが

やっぱり星っていいですね。

日本に帰ったらまずプラネタリウム

観にいきます。笑

 

この後はKoko Blackというチョコレートショップに

行ってお土産を。

そのあとは早めのディナーでしたが

Hardware laneという通りで

初のカンガルー肉にチャレンジしました!

f:id:tomotomoblog:20170704165231j:plain

メルボルンって、こういう雰囲気の

レストラン街がたくさんあるんです。

 

何を食べようかな…と

色んなお店のメニューを見て回っていたところ

グリル系のお店のメニューが目に留まり。

 

そこに丁度オーナーさんが来て

15%割引してくれるとのことだったので

このレストランに決めました。

f:id:tomotomoblog:20170704165659j:plain

先ほどの野生のカンガルーの写真を見てから

この写真を見るのはなんだか複雑な気持ちに

なりますが、お味の方はすごく良かったです。

 

ちょっと癖はありましたが、

脂が少なくてヘルシーな感じ。

量はそこそこありましたが

胃がもたれることなくペロッと食べられました。

 

一人でこういうオシャレなレストランに

来たことはなかったので

ちょっとした挑戦でしたが

案外行けるモノですね。

 

たった4日間のメルボルン旅行でしたが

こんなに素敵な街を知ることができて

本当に良かったです。また訪れたい街です。

 

旅行中はダイエットはしないのが

モットーですが

正直、かなり太った気がしています。

 

まぁ、すぐ戻りますよね!

(戻ると言ってほしい)

とにかくシドニーに戻ってきたからには

野菜とフルーツ中心の生活に戻して

日本に帰って”誰?”とならないようにします。笑

 

ではメルボルン旅行のことはここまで!

See You Soon☆

 

 

 

メルボルンに行ってきます

こんにちは。ともです。

 

今日は、一晩かけて

バスでメルボルンに向かいます。

 

ずっと行ってみたかった街で

どこかちょっと憧れも抱いていたので

かなり楽しみです。

 

しかも世界で最も住みやすい国

でナンバーワンに選ばれているんだそう。

まぁ誰の目線でナンバーワンなのかは

分かりませんが、期待を寄せていいことは

間違いありません。

 

たくさんのカフェに行って

博物館とかミュージアムとかに行って

向こうに友達(といってもLINEしかしてない)

もいるので会ってきます。

 

もしできたら動画も撮ろうかな!

というか撮ります!

 

ちなみにシドニーからメルボルンまでは

バスで10時間。片道7千円。

大阪から東京までの夜行バス的な感じですが

やっぱりちょっと高いですね。

 

もちろん、飛行機という手もありました。

でも、飛行機で行くと往復で24000円くらい

何ですよね。

バスだと10000円ほど安くできる。

 

時間や快適さのことを考慮すると

圧倒的に飛行機がいいことは間違いありません。

知っています。笑

 

でも、10000円が留学生にとって

どれほど大金か…

少なくとも私には大金なわけで

ちょっと時間が長くなったとしても

交通費を削減してやりたかったわけです。

なのでバスで行く羽目になりました。

 

まぁでも、寝ている間に着くわけだし

寝れなければバスの中で

酔うのを覚悟で読書もできるし

パソコンもできるし

 

結論:バスでもいい。(無理矢理)

*******************

 

昨日の話に戻しますが

昨日は演劇を観にいきました。

 

Sunset stripというオーストラリアの

オリジナルの演劇。

全部理解できたわけありませんが

なんとな~く、役者さんの演技と

雰囲気で話の概要を掴みました。

 

感想をまとめると、

私にはけっこうヘビーでした。

ドラッグとか癌とか…

 

内容はヘビーでしたが

役者さんの演技力には感動しました。

 

何て言ったらいいんだろう…

”The 人間”みたいな。

人間の闇の部分を惜しみなく出している感じ。

感情を全開にして、ダイレクトにぶつかっている

感じが個人的には好きでした。

 

ミュージカルを習っていたので

もちろん演技力についても言われていたのですが

この演劇をみて懐かしく感じました。

 

もっとも、私は大根役者だったので

演技についてああだこうだとは言えませんが。笑

*******************

 

さっき、日本にいる大好きな友達から

久々にラインが来ました。

 

毎日ラインするね!と言っていたにも関わらず

1ヵ月以上来ていなかったので

急に来て逆にビックリ。笑

 

他愛のない会話から

ここ1ヵ月の間で何があったかを全部話し、

私が悩んでいることも全て打ち明けました。

 

すると彼女は、めちゃくちゃ真剣に

答えてくれて心配してくれたんです。

 

ずっと誰かに言いたい、って思いながら

誰に打ち明けたらいいのか分からなくて

もやもやしていたのが

ようやく晴れた気持ちになりました。

 

友達って大事だな、と改めて

思いました。

 

私は、友達はあまり多い方ではないと思います。

何でも打ち明けられる人は2人ほどで

唯一自分を出せるグループは1つ。

全て中学時代と高校時代の友人で、

1ヵ月に一度一緒にご飯に行ったりします。

 

やっぱり思うのは

部活で一緒に戦った人は

長く付き合いやすいな、と思いました。

 

吹奏楽部の仲間と金賞目指して

必死に練習していた日々は

何にも代えられないかけがえのないものです。

お金でも買えません。

 

厳しい練習を一緒に乗り越えた仲間は

話していても楽しいし、価値観が合うんです。

価値観の違いが嫌というわけではなく

基本的な価値観、たとえば目指している場所とか

物事に対する根本的な考え方です。

 

もし、中学、高校と”お金が欲しいから”

という理由で部活をしないという人がいるのであれば

全力で止めます。

 

本当にお金では買えません。

お金は大事ですが、使えば一瞬です。

でも”あのとき頑張った”という自己肯定感

みたいなものは一生残ってくれます。

 

”いつか分かるときがくる”

と言いますが、本当にそうで

過去が今につながったと感じる場面は

当たり前ですが歳を取ればとるほど

増えます。

 

今は分からないかもしれません。

目の前のお金がほしいかもしれません。

でもそこをグッとこらえて

厳しい練習に耐えてみてください。

 

必ず、何かにつながります。

 

 

以上!最近説教っぽくなっているのは

ご了承ください。

帰国目前で焦っているんです。笑

 

では今日はこのへんで!

See you SOON!!

 

やっとテストが終わった~!!!!!!

こんにちは。ともです。

 

今日は最後のテストでした!

お疲れ、って自分に言いたい。

 

よく耐えた!

よくあのクラスで耐えた!笑

 

別に嫌いとかじゃないんです。

むしろすごく良い刺激になったんですが

それよりなにより

メンツが濃すぎました。笑

 

”私が正しい!!!!!”

みたいな人たちが集まったクラスでした。

 

私がそこまで自己主張するタイプではないので

正直ちょっとしんどかった、というのが

本音です。

 

でもようやく終わりました。

これで静かに記事を執筆することに

時間を当てられますね。

もう・・・最高・・・

*******************

 

でも、やっぱり不安になるんです。

集団に馴染めないことに。

 

馴染めない、というより

私が敢えて馴染まないのかもしれませんが

とにかく一人が好きで

集団で集まってワイワイするよりも

一対一で話をする方が好きで

ちょっと我慢してグループ行動

なんかしてみると

その日の夜は消耗し切っています。

 

とにかく自分の気持ちより

他人の気持ちとか表情ばかり

気にしてしまうので

落ち着かないのです。

 

やっぱり、性格なのかな~

なんとかしたいけれど、なんともならない…

 

もし”集団大好き!”という方がいたら

ぜひ集団に馴染む方法を教えてください。笑

*******************

 

さて、あれほどけなしたクラウドワークスを

また始めてしまったのですが

25記事で43000円!という

まぁ普通に良い案件を見つけたので

応募してみたところすんなりパス。

 

ということで今はそのお仕事に取り掛かっています。

文字数は1記事1600文字以上。

1記事1時間で仕上げられるので

時給換算で1720円。

 

ただ、クラウドワークスの手数料が20%なので

ここからけっこう引かれちゃうんです。

多分、時給1300円くらいかな?

まぁまぁいい案件です。

 

授業のない暇な18日間は

とにかく記事を書きまくります。

 

そして、日本に帰ったらしたいことで

今考えているのが、プログラミング。

以前の記事でも書いたような気がしますが

何度も宣言しておかないと忘れてしまうので。

 

本当に記憶力がないんです。笑

 

自分のサービスを作ってみたいのと

プログラミングは今後必須のスキルになると

思うから。

 

ちなみに企業大国イスラエル

幼少のころからプログラミングを学ぶみたい。

 

 

最近よく、

10年後にはほとんどの仕事がロボットに

取って変わられる、だから今のうちに

手に職をつけておいた方がいい、

ということを耳にします。

 

もちろん、ロボットの開発が進むにつれ

職場でロボットが活躍する場も増えると思います。

 

でもさすがに、ターミネーターみたいな

ロボットに支配される時代が来るとは到底思えません。

 

ロボットが単純作業を代行するようになって

人間が、ロボットにはできない

”考える”ということをするようになるだけだと思います。

 

要は、仕事の役割が変わるということ。

 

実際、ロボットに東大の試験を受けさせたところ

数学は抜群に良かったそうですが

国語力はまだまだだったみたいです。

 

 

人間にはまだまだたくさんの仕事があります。

 

ロボットに取られるから…と

怖がっている場合ではないと思います。

 

でも、考えることを要しない仕事をしている

のであれば、危機感を持った方がいいよー!

 

ということではないでしょうか?!

 

と、私はこんな風に解釈しましたが

みなさんはどうですか?

*******************

 

あれ、何でロボットの話なんかしているんだ…

と思ったのですが

プログラミングの話から飛んだんですね。笑

 

そうそう、プログラミングですが

私自身、何かスキルが欲しいと思ったのです。

一生食べていけるスキル。

 

まぁプログラミングで一生食べていけるか

どうかなんて、今分かることではありませんが

ITがどんどん発達していくことは確かです。

 

そこにちょっとでもついていきたい!

と思いました。

 

何の疑問もなく使っているiPhone

どんどん新型が登場していますが、

よく考えたらこれってすごいことだと思いません?!

 

ITの発達に何となく流されるのではなく

どういう仕組みになっているのか知りたい、と

最近思うようになりました。

 

だからとりあえずプログラミングを

学びたいと思います。

そのためのお金を、記事を書くことで稼ぐ、

という感じですね!笑

*******************

 

話は変わりますが

昨日、妹から”もうすぐ帰国やね!”

というメッセージが届いてハッとしました。

 

気づけばあと3週間。

ちょうど、残り21日です。

 

 

7月23日にはTOEICの試験もあるので

ここで結果を出さないと!

というプレッシャーもありつつ

 

帰ったら3回生の後期なので

就活がもうすぐ始まるという

プレッシャーもありつつ

 

夏休みはインターンも行かなくちゃ

いけないのかも…という

プレッシャーもありつつ…

 

 

プレッシャーしかありません。

 

プレッシャーに押しつぶされて

死んでしまうのではないかとさえ思えてきます。

 

ずっとオーストラリアにいたいよう(´;ω;`)ウッ…

 

といつまでも甘ったれたことは

言っていられないので

なんとか頑張って生き抜きたいと思います。笑

 

では今日はこのへんで。

Bye☆

 

 

 

週末。写真だけ。

f:id:tomotomoblog:20170626073500j:plain

Rocksの街並み。

ちなみに一切加工していません。

f:id:tomotomoblog:20170626073524j:plain

ほら、もう可愛い!!笑

f:id:tomotomoblog:20170626073635j:plain

Tea Cosyの内装はこんな感じ。

初めての場所なのに不思議と落ち着く。

f:id:tomotomoblog:20170626073737j:plain

インテリアもすごく可愛い!

多分、女の子はすごく好きだと思う。

まるでおとぎ話の中にいるみたいな感覚。

f:id:tomotomoblog:20170626073911j:plain

f:id:tomotomoblog:20170626073943j:plain

スコーンと紅茶はこんな感じです。

恥ずかしながらも紅茶の入れ方を知らなかった私。

思いっきり茶葉が入っています。笑

ネットを使うんだね!笑

 

どちらも本当に美味しかったです。

見た目も可愛いし、美味しいし

ここ、おすすめ!!!!!笑

 

と言いましたが

もう既にけっこう有名だそうです。

やっぱり良いカフェは人気なんですね。

 

 

土曜日にマーケットに行ったのに

もう一回行きたい!となって

日曜日もマーケットに行きました。

 

見て回るだけでも楽しかった。

 

そうそう、最近オーストラリアっぽいイヤリング

がないかな~と思って探しているのですが

なかなか見つからないんですよね…

 

全部、ピアス。

ピアスを開けていない私にとっては

辛いです。

 

もうあれなんですかね、きっと

こっちの人は”穴を開けない”っていう

概念が存在しないのかもしれませんね。

 

ちょっとしたカルチャーショックです。

 

まぁでも、こんな雰囲気の良い街並みと

カフェを見つけてしまったので満足。

充実した週末でしたとさ。笑

 

 

では、今日はこのへんで。

See You Soon☆

 

 

 

あと23日

こんにちは。ともです。

 

またブログの更新をサボってしまいました。

すみません。

 

でも、毎日書く!と宣言はしていない(はず)

なのでお許しください。

 

 

今週末は、今までで一番リラックスできた

週末だと思っています。

一番大きな課題も終わり、一安心。

月曜日と火曜日にfinal examというのがあるので

勉強しなくちゃいけないのですが

 

自称、Reading と Listeningは得意なので

何とかなる、と思っています。

それに、当日のテストは今までの授業の範囲

というわけではなく、問題が分からないパターンなので

今さらあがいても仕方ないな…

 

と半分諦め。

 

というわけで、びっくりするくらい勉強せず

あと一カ月で帰る人とは思えないほど

生産性のない週末を過ごしてしまいました。笑

*******************

 

でもね、土曜日はちゃんと出かけましたよ!

といっても夕方からだったので

午前中はだらけてました。

 

Rocksというシドニーで一番古い街

にあるTea Cosyという可愛いカフェ。

多分、女の子だったらみんな好きだと思う

くらい可愛い雰囲気のカフェでした。

 

紅茶屋さんなので、久々に紅茶を注文し

スコーンと一緒に食べるというイギリススタイル。

 

前の記事にも書きましたが

私は最近なぜか小食になってきているので

スコーンを半分食べた時点でお腹いっぱいに。

 

多分、普段1日2食とか1食にしているのが大きいですね。

ちゃんとお腹は空いているのに入らない。

もう小食の極みです。笑

*******************

 

Rocksの街を歩いていると

そこら中に可愛いお店がいっぱいあって

マーケットも開いていて

観光客なのか地元の人なのか分かりませんが

カメラを持っている人が多かったです。

 

本当に絵になる街並みばかり。

ヨーロッパっぽい建物と雰囲気。

完全に私好みな感じです。

何回来ても飽きなさそう、もはや住みたい。笑

 

シドニーには魅力的な場所がたくさんありますね!

 

残り23日では到底回り切れなさそうです。

そう、もう1ヵ月切っているんです。

何としたことか…

 

昨日、改めて時間の短さを実感しました。

早く日本に帰りたい気持ちもあるし

もう少し長くシドニーにいたい気持ちもあります。

すごく複雑です。

 

良い人に出会えば出会うほど

別れが辛くなってしまうのは世の常。

頭では分かっていますが

心がついていきません。

 

 

そうそう、昨日の写真を載せたいのに

寮のWi-Fiが全く動いてくれません。

 

なので今から図書館に向かいますね!

(写真をアップするためだけに。笑)

写真は後ほど!!!

 

 

 

シドニーで人気のイタリアン

こんにちは。ともです。

 

まず昨日のことから…

 

昨日は、conversation exchangeを

通じて知り合った方と

Machiattoというイタリアンレストランに

行きました。

f:id:tomotomoblog:20170622144342j:plain

写真を撮り忘れたので引用…

 

ここのレストランはシドニーではすごく

人気みたいで、店内もほぼ満席でした。

 

雰囲気が私好みです。

個人的に、蛍光灯みたいな白いライトが

苦手で、黄色いライトが好きなんです。笑

 

料理もとても美味しかったです。

私がピザを選んで

彼がパスタを選んでシェアしようとなったのですが

 

”何か食べれないものある?”

と聞かれたときに”何でも食べれるよ!”

って答えちゃったんですよね。笑

 

私自身、カルボナーラが嫌いなことを

完全に忘れていたのですが

注文してテーブルに来たのは

思いっきりカルボナーラ。笑

 

このお店ではカルボナーラ

有名なんだって。

 

”あぁ…苦手だ…”と思いつつ

食べないのも申し訳ないので

ちょっとだけ食べ、ほぼピザを

食べていました。笑

 

雰囲気もいいし、料理も美味しいので

帰国する前にもう一度来たいですね、

今度はカルボナーラ以外のパスタで。笑

*******************

 

ご飯を食べていて気付いたのですが

最近、食べる量が減ってきた気がします。

 

日本にいたころは

けっこう大食いで、朝から

ごはん2杯にヨーグルトにバナナに…

お昼ごはんももちろん食べるし

夜も食べる、加えておやつも…

 

なんて明らかに太りそうな食生活だったのですが

寮にきてから一気に食べる量が減りました。

 

朝はグラノーラだけ。

昼はなし。

夜はサラダ。

 

とかなり質素な食事になっていて

久々にイタリアン食べれる~!!!

とかなりテンションが上がっていたのですが

ピザを1切れ食べた時点で腹6分目くらいまで

来て、2切れ目で超お腹いっぱいになっていました。

 

あんなにお腹鳴っていたのに…

不思議なものです。

 

どんどん小食になってきていますね。

*******************

 

”やってみました!一日一食!”

という本を最近読んでいるのですが

実に興味深いことばかり書かれています。

 

一日三食きっちり!一日30品目!

なんてことが常識になっていますが

この本に書かれていることはまさに

真逆で、一日三食食べるから病気になる、

小食を極めれば長生きする、世界には

不食の人もいる、など

 

目からうろこの情報ばかりでした。

 

もともとファスティングには興味があって

実際、今のところ一日2食です。

 

ランチを食べるといつも眠くなって

授業に集中できなかったこともあり

思いきってランチを抜いたところ

全く睡魔が襲ってくる気配もなく

めちゃくちゃ集中できたのです。

 

体調が悪くなることもないし

むしろ頭がさえているように感じます。

 

この調子で一日一食にシフトできたら

いいな、と思います。

*******************

 

話がかなり逸れましたが

meet upはとても楽しかったです。

 

彼は韓国人で、英語の勉強のために

人と会っているそう。

(相手が私でよかったのか…笑)

 

英語の勉強と言っていましたが

彼の英語はオーストラリアで生活するのに

全く問題ないレベルに見えました。

 

たまにグーグルで調べてましたが

同じアジア人だからなのか

言いたいことが何となくわかる、というか

察することができるんですよね。

 

授業内でのディスカッションでも感じたのですが

中国人の女の子と私の考えって、

何となく分かり合える、というか

”そうそう、同じこと思っていた!”

ということが多いんです。

 

逆に、インド人やレバノン人などの考えていることは

全く読めないし、察することもできないので

彼らが発する言葉を信じるしかないのです。

 

特に、レバノン人はちょっと暴力的

なところがあって

”殺す”とかフツーに使うんですよね。

 

冗談のつもりで言っていると思うのですが

体が大きいし、顔もちょっと怖そうなので

本当に殺すんじゃないかとさえ

思ったこともあります。

 

もちろん普段は優しいです。

 

 

でも、だから面白いんですよね!

色んな考えがあって、色んな人がいて。

 

でもやっぱり”察する”ことができるのは

日本人の私にとっては

大きなメリットだと思いました。

 

 

あ、そうそう、この韓国人の彼は

かなりジェントルマンでした。

 

というのも、一般的に韓国人男性って

イタリア人男性に性格が似ているみたいなんです。

あ、通りで…と納得。

 

ちょっと水をこぼしたらすぐにナプキンを

持ってきてくれたり、

さりげなく車道側を歩いてくれたり…

 

世の女性はこういうさりげない気遣いに

惚れるのだと思いますが

残念ながら私は、こういうことをされるのは

苦手なんです。笑

 

自分のことは自分でできるわ!!!

と思っちゃうし、返って気を遣ってしまうからです。

何と可愛げのないことか…

だからモテないんですね。笑

 

でもすごく楽しい方でした。

*******************

 

昨日のことはさておき…

といっても今日は書くネタもないので

このへんで終わりますね!

 

See You Soon☆