私と歌とオーストラリア

オーストラリアでの4か月を全力紹介!良いところだけでなく、悪いところもちゃんと書きます。笑

シドニーで人気のイタリアン

こんにちは。ともです。

 

まず昨日のことから…

 

昨日は、conversation exchangeを

通じて知り合った方と

Machiattoというイタリアンレストランに

行きました。

f:id:tomotomoblog:20170622144342j:plain

写真を撮り忘れたので引用…

 

ここのレストランはシドニーではすごく

人気みたいで、店内もほぼ満席でした。

 

雰囲気が私好みです。

個人的に、蛍光灯みたいな白いライトが

苦手で、黄色いライトが好きなんです。笑

 

料理もとても美味しかったです。

私がピザを選んで

彼がパスタを選んでシェアしようとなったのですが

 

”何か食べれないものある?”

と聞かれたときに”何でも食べれるよ!”

って答えちゃったんですよね。笑

 

私自身、カルボナーラが嫌いなことを

完全に忘れていたのですが

注文してテーブルに来たのは

思いっきりカルボナーラ。笑

 

このお店ではカルボナーラ

有名なんだって。

 

”あぁ…苦手だ…”と思いつつ

食べないのも申し訳ないので

ちょっとだけ食べ、ほぼピザを

食べていました。笑

 

雰囲気もいいし、料理も美味しいので

帰国する前にもう一度来たいですね、

今度はカルボナーラ以外のパスタで。笑

*******************

 

ご飯を食べていて気付いたのですが

最近、食べる量が減ってきた気がします。

 

日本にいたころは

けっこう大食いで、朝から

ごはん2杯にヨーグルトにバナナに…

お昼ごはんももちろん食べるし

夜も食べる、加えておやつも…

 

なんて明らかに太りそうな食生活だったのですが

寮にきてから一気に食べる量が減りました。

 

朝はグラノーラだけ。

昼はなし。

夜はサラダ。

 

とかなり質素な食事になっていて

久々にイタリアン食べれる~!!!

とかなりテンションが上がっていたのですが

ピザを1切れ食べた時点で腹6分目くらいまで

来て、2切れ目で超お腹いっぱいになっていました。

 

あんなにお腹鳴っていたのに…

不思議なものです。

 

どんどん小食になってきていますね。

*******************

 

”やってみました!一日一食!”

という本を最近読んでいるのですが

実に興味深いことばかり書かれています。

 

一日三食きっちり!一日30品目!

なんてことが常識になっていますが

この本に書かれていることはまさに

真逆で、一日三食食べるから病気になる、

小食を極めれば長生きする、世界には

不食の人もいる、など

 

目からうろこの情報ばかりでした。

 

もともとファスティングには興味があって

実際、今のところ一日2食です。

 

ランチを食べるといつも眠くなって

授業に集中できなかったこともあり

思いきってランチを抜いたところ

全く睡魔が襲ってくる気配もなく

めちゃくちゃ集中できたのです。

 

体調が悪くなることもないし

むしろ頭がさえているように感じます。

 

この調子で一日一食にシフトできたら

いいな、と思います。

*******************

 

話がかなり逸れましたが

meet upはとても楽しかったです。

 

彼は韓国人で、英語の勉強のために

人と会っているそう。

(相手が私でよかったのか…笑)

 

英語の勉強と言っていましたが

彼の英語はオーストラリアで生活するのに

全く問題ないレベルに見えました。

 

たまにグーグルで調べてましたが

同じアジア人だからなのか

言いたいことが何となくわかる、というか

察することができるんですよね。

 

授業内でのディスカッションでも感じたのですが

中国人の女の子と私の考えって、

何となく分かり合える、というか

”そうそう、同じこと思っていた!”

ということが多いんです。

 

逆に、インド人やレバノン人などの考えていることは

全く読めないし、察することもできないので

彼らが発する言葉を信じるしかないのです。

 

特に、レバノン人はちょっと暴力的

なところがあって

”殺す”とかフツーに使うんですよね。

 

冗談のつもりで言っていると思うのですが

体が大きいし、顔もちょっと怖そうなので

本当に殺すんじゃないかとさえ

思ったこともあります。

 

もちろん普段は優しいです。

 

 

でも、だから面白いんですよね!

色んな考えがあって、色んな人がいて。

 

でもやっぱり”察する”ことができるのは

日本人の私にとっては

大きなメリットだと思いました。

 

 

あ、そうそう、この韓国人の彼は

かなりジェントルマンでした。

 

というのも、一般的に韓国人男性って

イタリア人男性に性格が似ているみたいなんです。

あ、通りで…と納得。

 

ちょっと水をこぼしたらすぐにナプキンを

持ってきてくれたり、

さりげなく車道側を歩いてくれたり…

 

世の女性はこういうさりげない気遣いに

惚れるのだと思いますが

残念ながら私は、こういうことをされるのは

苦手なんです。笑

 

自分のことは自分でできるわ!!!

と思っちゃうし、返って気を遣ってしまうからです。

何と可愛げのないことか…

だからモテないんですね。笑

 

でもすごく楽しい方でした。

*******************

 

昨日のことはさておき…

といっても今日は書くネタもないので

このへんで終わりますね!

 

See You Soon☆