私と歌とオーストラリア

オーストラリアでの4か月を全力紹介!良いところだけでなく、悪いところもちゃんと書きます。笑

メルボルンに行ってきます

こんにちは。ともです。

 

今日は、一晩かけて

バスでメルボルンに向かいます。

 

ずっと行ってみたかった街で

どこかちょっと憧れも抱いていたので

かなり楽しみです。

 

しかも世界で最も住みやすい国

でナンバーワンに選ばれているんだそう。

まぁ誰の目線でナンバーワンなのかは

分かりませんが、期待を寄せていいことは

間違いありません。

 

たくさんのカフェに行って

博物館とかミュージアムとかに行って

向こうに友達(といってもLINEしかしてない)

もいるので会ってきます。

 

もしできたら動画も撮ろうかな!

というか撮ります!

 

ちなみにシドニーからメルボルンまでは

バスで10時間。片道7千円。

大阪から東京までの夜行バス的な感じですが

やっぱりちょっと高いですね。

 

もちろん、飛行機という手もありました。

でも、飛行機で行くと往復で24000円くらい

何ですよね。

バスだと10000円ほど安くできる。

 

時間や快適さのことを考慮すると

圧倒的に飛行機がいいことは間違いありません。

知っています。笑

 

でも、10000円が留学生にとって

どれほど大金か…

少なくとも私には大金なわけで

ちょっと時間が長くなったとしても

交通費を削減してやりたかったわけです。

なのでバスで行く羽目になりました。

 

まぁでも、寝ている間に着くわけだし

寝れなければバスの中で

酔うのを覚悟で読書もできるし

パソコンもできるし

 

結論:バスでもいい。(無理矢理)

*******************

 

昨日の話に戻しますが

昨日は演劇を観にいきました。

 

Sunset stripというオーストラリアの

オリジナルの演劇。

全部理解できたわけありませんが

なんとな~く、役者さんの演技と

雰囲気で話の概要を掴みました。

 

感想をまとめると、

私にはけっこうヘビーでした。

ドラッグとか癌とか…

 

内容はヘビーでしたが

役者さんの演技力には感動しました。

 

何て言ったらいいんだろう…

”The 人間”みたいな。

人間の闇の部分を惜しみなく出している感じ。

感情を全開にして、ダイレクトにぶつかっている

感じが個人的には好きでした。

 

ミュージカルを習っていたので

もちろん演技力についても言われていたのですが

この演劇をみて懐かしく感じました。

 

もっとも、私は大根役者だったので

演技についてああだこうだとは言えませんが。笑

*******************

 

さっき、日本にいる大好きな友達から

久々にラインが来ました。

 

毎日ラインするね!と言っていたにも関わらず

1ヵ月以上来ていなかったので

急に来て逆にビックリ。笑

 

他愛のない会話から

ここ1ヵ月の間で何があったかを全部話し、

私が悩んでいることも全て打ち明けました。

 

すると彼女は、めちゃくちゃ真剣に

答えてくれて心配してくれたんです。

 

ずっと誰かに言いたい、って思いながら

誰に打ち明けたらいいのか分からなくて

もやもやしていたのが

ようやく晴れた気持ちになりました。

 

友達って大事だな、と改めて

思いました。

 

私は、友達はあまり多い方ではないと思います。

何でも打ち明けられる人は2人ほどで

唯一自分を出せるグループは1つ。

全て中学時代と高校時代の友人で、

1ヵ月に一度一緒にご飯に行ったりします。

 

やっぱり思うのは

部活で一緒に戦った人は

長く付き合いやすいな、と思いました。

 

吹奏楽部の仲間と金賞目指して

必死に練習していた日々は

何にも代えられないかけがえのないものです。

お金でも買えません。

 

厳しい練習を一緒に乗り越えた仲間は

話していても楽しいし、価値観が合うんです。

価値観の違いが嫌というわけではなく

基本的な価値観、たとえば目指している場所とか

物事に対する根本的な考え方です。

 

もし、中学、高校と”お金が欲しいから”

という理由で部活をしないという人がいるのであれば

全力で止めます。

 

本当にお金では買えません。

お金は大事ですが、使えば一瞬です。

でも”あのとき頑張った”という自己肯定感

みたいなものは一生残ってくれます。

 

”いつか分かるときがくる”

と言いますが、本当にそうで

過去が今につながったと感じる場面は

当たり前ですが歳を取ればとるほど

増えます。

 

今は分からないかもしれません。

目の前のお金がほしいかもしれません。

でもそこをグッとこらえて

厳しい練習に耐えてみてください。

 

必ず、何かにつながります。

 

 

以上!最近説教っぽくなっているのは

ご了承ください。

帰国目前で焦っているんです。笑

 

では今日はこのへんで!

See you SOON!!