私と歌とオーストラリア

オーストラリアでの4か月を全力紹介!良いところだけでなく、悪いところもちゃんと書きます。笑

メルボルン・・・最高すぎました・・・

こんにちは。ともです。

 

メルボルン旅行が終わり

今日は疲れ果てて3時まで寝ていました。笑

寝すぎて逆に疲れました。

一日を無駄にしてしまった気分です。

 

一言でいうと、

メルボルンは本当に最高でした。

住みたいレベルです。

 

カフェの街で音楽の街でアートの街で…

休日の過ごし方に飽きなさそうですね…

*******************

 

1日目。

朝7時にメルボルンに着きましたが

トラブル発生。

 

なんと、7月18日まで契約しているはずの

学生寮が、7月1日までになっているから

10時までにチェックアウトしてね!

というくそメールが来ました。

 

私はちゃんと18日までという風にサインしたし

これは私のせいではない!

と反論したところ、

”いや、でもこのこれは変えられないんだよ…

次の人も来るし…”と言われ

観光どころではありませんでした。

 

もし7月1日にチェックアウトしなければ

いけないんだったら

来たばかりですがまたすぐシドニー

帰らないといけないし

シドニーで残り18日分の宿を探さないといけないし

とにかく焦っていたわけです。

 

そして

”お願いだからちゃんと確認してほしい”

と念に念を押したところ

なんとか次来る人の部屋を変えられたみたいで

18日までいられることになりました。

 

いや、でも!私悪くないのに!

と文句を言いそうになりましたが

仕方ない。トラブルというものはつきものです。

 

そして2つ目のトラブル。

メルボルンでの宿をAirbnbというサービスで

予約していたのですが

伝えていた時間に行って

”着きました”とメッセージを送っても

返ってこない。

 

30分ほど待ってもメッセージが来なかったのと

夜に予定があったので

こちらはキャンセルして

違うホテルを予約しました。

 

幸運なことに、メルボルンで出会った友達が

ホテルを探すのを手伝ってくれて

本当に助かりました。

 

こんな感じで一日目はトラブル続き。

大変な一日でしたが

いい経験にもなりました。

 

Airbnbも魅力的なサービスだと思うし

今回に関しては私がただ単に運が悪かっただけです。

なので、これを読んでAirbnbやめとこ!なんて

思わないでくださいね!

私もまた機会があれば利用しようと思っているので。

 

ただ、寮に関しては言動が矛盾しすぎていて

さすがに怒りを覚えました。

 

過去にも、”あと2回で家賃の支払いが終わるよ。”

と言われていたのに、2回支払いが終わって

”もう終わりですか?”と確認したところ

”いや、あと500$残っている”と言われるし。

しかも、どう計算しても3か月分の家賃と合わない。

 

私だけでなく、勝手に契約期間短縮されている

人も見ました。”私はどうしたらいいの…

私のせいじゃないのに…。”と涙ながらに

訴えている彼女に対して、”上の人に言ってくれ。”

との一点張り。

 

どんな管理をしているのか、

と疑問でしかありません。

*******************

 

2日目。

ここでできた友達が

メルボルンを案内してくれました。

 

私の希望もあり

アート美術館に行ったり

野生のペンギンが見れるビーチに行ったり。

 

ペンギンなんて水族館でしか見たことが

なかったので、すごく新鮮でした。

思ったよりちっちゃくて、可愛かった…

はぁ…もう…癒しでした。

 

夜ごはんはフィッシュアンドチップス。

かなり人気のお店だったみたいで

街のはずれにあるにも関わらず

めちゃくちゃ混んでいました。

 

私はサメのフィッシュアンドチップスにしましたが

塩っ気と魚のふわふわ感が相性ぴったりで

本当に美味しかったです。

f:id:tomotomoblog:20170704163351j:plain

 

ただ、サイズがやっぱりオーストラリア。

でかすぎます。

こんなの食べたら太る!と思いつつ

フツーに平らげました。笑

*******************

 

3日目。

友達が案内してくれるのは1日だけだと

思っていたけど、3日目も案内してくれました!

いや~運がいい。

 

ランチにBeastというハンバーガーショップで

ハンバーガーを食べましたが

これまた旨い!

f:id:tomotomoblog:20170704163432j:plain

THE・ハンバーガーって感じ。

(どんな感じやねん)

いや、もはやハンバーガーというより

ステーキをパンに挟みました!

というくらい肉厚でした。

 

私たちはこれを半分して

かなりお腹いっぱいでしたが、

何と隣の席にはフードファイターが!

このBeastというハンバーガーを

48秒以内で食べることができたら

200$がもらえるんだそうです。

 

”いや無理でしょ”

と思いながら興味津々で彼らをガン見。

さすがに48秒は無理でしたが

それでも1分30くらいで平らげていました。

 

恐るべし…

もはや人間ではないですね。

 

そして面白かったのが

タイムを計る前にやたらと待ってるな~

と思ったのですが、それもそのはず

ハンバーガーが冷えるのを待っていたんだそうです。

熱いと早食いできないから…笑

 

彼らは全く食を楽しむ気はなさそうですが

大食い=スポーツなんでね。

仕方ない。笑

 

そのあとは野生のカンガルーを見ましたよ!

f:id:tomotomoblog:20170704163540j:plain

本当はもう少し近づきたかったのですが

私が近づくとすぐ逃げてしまうので

これが限界…

 

それにしてもこの数…

日本ではこんな光景ないので

すごく貴重な体験をしました。

*******************

 

4日目。

今日は彼は仕事だったので

私一人で散策。

 

というか本来は4日間一人旅の

つもりだったのですが

現地の人に案内してもらうと

色んな発見がありました。

 

おススメのイタリアンレストランとか

ジェラートショップなど

自分でだったら絶対いけなかったところまで

連れて行ってもらえたので

とてもいい経験になりました。

 

そして4日目の朝は

まずカフェへ。

トラムを間違えて着いたのは1時間後でしたが

まだ混む時間帯ではなくラッキーでした。

f:id:tomotomoblog:20170704164031j:plain

この店内の可愛さ。

インテリアもとても工夫されていて

何かほっこりします。

 

そして店員さんもすごく可愛かったです。

ずっとニコニコしていて

ずっとこのカフェに居座りたくなりました。

店内もオシャレですが

コーヒーや食べ物も抜群に美味しかったです。

f:id:tomotomoblog:20170704164257j:plain

f:id:tomotomoblog:20170704164401j:plain

こんなカフェがいっぱいあるんですよ!

そりゃ住みたくなるわ…

 

モーニングを食べた後は

Scienceworksというメルボルンの科学館へ。

プラネタリウム見たさに行きましたが

子どもの多さに圧倒され、そして

疎外感すら感じました。笑

 

本当に、子ども連れしかいなかったです。

1人で来た私に”子どもはいる?”

とスタッフが聞いてくるくらい。笑

 

まぁそれはさておき

プラネタリウムは素晴らしかったです。

本物の夜空を見ているみたいでした。

 

終わった後の現実感はハンパなかったですが

やっぱり星っていいですね。

日本に帰ったらまずプラネタリウム

観にいきます。笑

 

この後はKoko Blackというチョコレートショップに

行ってお土産を。

そのあとは早めのディナーでしたが

Hardware laneという通りで

初のカンガルー肉にチャレンジしました!

f:id:tomotomoblog:20170704165231j:plain

メルボルンって、こういう雰囲気の

レストラン街がたくさんあるんです。

 

何を食べようかな…と

色んなお店のメニューを見て回っていたところ

グリル系のお店のメニューが目に留まり。

 

そこに丁度オーナーさんが来て

15%割引してくれるとのことだったので

このレストランに決めました。

f:id:tomotomoblog:20170704165659j:plain

先ほどの野生のカンガルーの写真を見てから

この写真を見るのはなんだか複雑な気持ちに

なりますが、お味の方はすごく良かったです。

 

ちょっと癖はありましたが、

脂が少なくてヘルシーな感じ。

量はそこそこありましたが

胃がもたれることなくペロッと食べられました。

 

一人でこういうオシャレなレストランに

来たことはなかったので

ちょっとした挑戦でしたが

案外行けるモノですね。

 

たった4日間のメルボルン旅行でしたが

こんなに素敵な街を知ることができて

本当に良かったです。また訪れたい街です。

 

旅行中はダイエットはしないのが

モットーですが

正直、かなり太った気がしています。

 

まぁ、すぐ戻りますよね!

(戻ると言ってほしい)

とにかくシドニーに戻ってきたからには

野菜とフルーツ中心の生活に戻して

日本に帰って”誰?”とならないようにします。笑

 

ではメルボルン旅行のことはここまで!

See You Soon☆